1人でも会社をつくれるのですか?

出資者も取締役も1人で大丈夫です。ただし、節税対策のためには
出資者を複数にすることをおススメします。
また、取締役も複数にしておくことをおススメします。
複数いれば、あなたの肩書きが「代表取締役」になります。

 

無料相談のご予約は →お問い合わせ・ご相談フォームへ

▲このページのトップに戻る